濃厚なルーにとんかつ、千切りキャベツが 定番の「金沢カレー」

普通のカレーとは一味違う「金沢カレー」、その中でも、店によって独自のルーへのこだわりと違いがあります。では、奥が深い金沢カレーをご紹介していきます。



サイトトップ > 金沢カレーとは

スポンサードリンク

濃厚なルーにとんかつ、千切りキャベツが 定番の「金沢カレー」

金沢カレーとは


主に金沢市を中心とする石川県のカレーライス店で供される独自の特徴を持ったカレーライスを「金沢カレー(かなざわカレー)」と呼んでいます。金沢カレーの特徴的な形は地元では古くから定着しており、代表する店の多くは既に30年以上の歴史があります。


しかし、各店とも地元での営業が中心で、金沢カレーのような一般的な名称は使われておらず、そのカレーに「金沢カレー」の名称が使われるようになったのは非常に最近のことです。


特徴としては、
・金沢カレールーは濃厚でドロッとしている
・付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている
・ステンレスの皿に盛られている
・フォークまたは先割れスプーンで食べる
・ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている
・ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける、などですが、すべての店舗がこの特徴を満たしているわけではありません。


昨年、日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』において、「チャンピオンカレー」が金沢カレーとして紹介されました。その際、ご飯を全て覆い隠す量の濃厚なルーと千切りキャベツにトンカツを乗せ、スパイスの効いたカレーとキャベツを混ぜながらフォークで食べるスタイルが取り上げられましたが、地元石川県ではキャベツをカレーに混ぜて食べるという作法や習慣はなく、混ぜない人が圧倒的に多いそうです。


濃厚なルーにとんかつ、千切りキャベツが 定番の「金沢カレー」

MENU



スポンサードリンク